2015 サクラ~桜~SAKURA

今年の東京の桜は寒い日や雨が多く、ゆっくりお花見を楽しむには少しつらい天候が多かったですね。
丁度サクラが満開の時期に中東地域からお越しいただいたお客様と鎌倉へ行く機会が有りましたが、残念ながら鎌倉で有名な鎌倉八幡宮前の「暖蔓」がすべて整備工事で見学できず、愛想のない鉄板で覆われてしまっていて桜並木を歩く事もできませんでした。
でも鎌倉駅近辺はたくさんの人出で繁盛し、「桜」を扱った商品もたくさん並べられていました。もちろん外国人観光客のお土産として大人気でした!
やはり季節感や風土がモチーフとなるものはお土産として人気がありますね。

山形屋紙店様

創業明治12年、日本各地のさまざまな和紙や自社製の和紙製品を紹介する
和紙の専門店です。
みごとな風合いの「和紙」製品は、まさに「日本」を象徴する工芸品。

こちらのお店では和紙の触感を大切にしたこだわりの「ショップカード」を
英語版とフランス語版でお作りしました。
神保町の中心にある「本と街の案内所」さんにも設置したところ、この綺麗な
ショップカードは、外国人にはとても人気があるとのこと。

お店の商品はオリジナルの可愛い小物も豊富で、お手頃なお値段ですし、
軽いものなので、スーツケースに入れて持ち帰るおみやげ品にはピッタリです。

日本の旬や風土、風習に応じた商品ラインナップは、日本の「季節」が
外国人にも分かりやすく喜ばれています。